酢や洗剤を使おう

イタチは、体長30センチほどの、猫よりもひとまわりサイズの小さな動物です。家屋の天井裏などに住み着いて、糞尿による被害をもたらすことがあります。また夜行性なので、夜の間に台所などに忍び込み、食べ物をあさることもあります。雑食動物なので、肉類や魚類はもちろん、果物もかじります。さらに病原菌を持っていることもあり、その病原菌が人間にも感染する可能性があります。 そのためイタチを庭や屋内などで見かけた場合には、すみやかに専門業者に連絡し、イタチ駆除をしてもらうことが大事です。イタチは鳥獣保護法で守られている動物なので、イタチ駆除は原則として個人ではおこなえないことになっています。たとえ罠などで捕らえたとしても、個人が勝手に処分することはできないのです。また捕らえる際に、病原菌に感染する恐れもあります。その点専門業者なら、適切な方法でイタチ駆除をすることができるのです。

イタチは、直径3センチほどの隙間があれば、そこから屋内に入り込むことができます。逆に言えば、そのくらいの隙間がなければ、入り込むことはないということです。また、漂白剤や酢の匂いを嫌うので、侵入してきそうな箇所にそれらを塗っておくと、それだけで寄せ付けなくすることができます。 イタチ駆除をした後でも、イタチにとって快適な場所なら再び住み着かれてしまう可能性がありますが、こういった工夫をおこなっておくことで、防ぐことはできるのです。 また専門業者の中には、イタチ駆除の際に家屋の隙間を塞ぐ工事や、イタチの嫌う忌避剤の散布をするところもあります。そういった業者にイタチ駆除を依頼すれば、再びイタチの被害にあう可能性は非常に低くなります。

駆除

專門的な対策

鳩はカラスと一緒で害鳥に含まれます。糞をする為街が汚れてしまいます。鳩を駆除する際は專門業者に任せた方が良いでしょう。專門業者だと、ネットや電気ショックを利用して、街から鳩を追い出します。

トラブルを回避

ねずみには、無数の害虫がいます。そういった害虫がトラブルを招く可能性があります。害虫を駆除する事でそのトラブルを回避する事が出来るでしょう。ねずみ駆除専門業者は需要が高いとされています。

徹底的に

トコジラミ駆除をするときには、徹底的に駆除、退治をすることが大切です。また、有効な対策を考えることも大切になります。一度家に、入ると駆除をしない限り、増殖を続けるので、素早く駆除することが大切です。